January 01, 2016


317_ADVANCED

下にあるタブを切り替えると表示されます。この Advanced tab では、その他の設定 (キースイッチやアーティキュレーションの微調整) が出来ます。

◆ Stroke Offset
・Downstroke / Upstroke
Shreddage2X は再生する前にサンプルを先読みしています。非常に早い演奏をした時に、サンプルの読み込みが追いつかない場合は、これらの値を少し大きくすることで解消できます。

◆ Portamento Tweaks
・Pick Offset
Shreddage2X のスライドは、スライドした後に後続ノートとクロスフェイドします。この後続ノートの再生タイミングを調整します。

・Slide Offset
スライドを始めるタイミングを調整します。

・Slide Time
スライドの溜めを調整します。

・Fade Time
スライドの、先導ノートのフェイドアウト時間を調整します。

・Xfade Time
スライドの、後続ノートのフェイドイン時間を調整します。

◆ String Polyphony
これを ON にすると、ひとつの弦で同時に複数の音を出すことができます。リアリズムとは対極の機能です。

◆ Palm Mute Tweaks
・Lowest / Highest Layer
Shreddage2X は、タイトなものからルーズなものまで6段階 (レイヤー) のパームミュート持っています。ここでは使用するパームミュートの範囲を設定します。

・Weighting
パームミュートがマッピングされているベロシティの中で、各レイヤーの配置を変更します。デフォルトでは均等に配置されますが、ノブを上げるとタイトなレイヤーの範囲が広がります。

◆ Retune
・Chance
ラウンドロビンの中に anti-repetition したサンプルを利用する割合を設定します。

・Max Range
anti-repetition に使用する音程の範囲を、半音単位で設定します。音程が離れるほどピッチシフトの正確性が犠牲となります。

◆ Repetition
・Threshold
ここで設定した時間以内に、同じ音程のノートが繰り返し演奏された時、Shreddage2X は後続ノートの再生され始めるタイミングをずらします (Repetition Offset)。ここでは Repetition Offset を適用する時間を、ミリ秒単位で設定します。

・Offset
Repetition Offset が適用された時、サンプルの再生され始める位置をどのくらいずらすか、ミリ秒単位で設定します。ENGINE ページの Pick Offset と同じように、値を大きくするとピックの音が再生されなくなります。

◆ KEYSWITCHES
Articulation ページで設定できるキースイッチの範囲は、C-1 ~ E0 ですが、ここでは Shreddage2X がキースイッチとしている総ての範囲 C-2 ~ F#0 を対照し、いくつかのキースイッチを設定します。
Articulation ページで設定できる項目には、優先順位が定められていますが、ここで設定される項目に順位はないので、各項目は必ず独自のキーを設定しなくてはなりません。重複は誤作動の原因になります。

・String Select
どの弦を優先して使うのかを設定するキースイッチです。ここでは第1弦から第7弦、そして弦の優先を解除するキーを合わせて、8つのキースイッチが設定されます。ドロップダウンウンリストで選択したキーを起点 (第1弦優先) とし、8つ上のキーまで連続で設定されます。

・Picking Mode
ストローク方法を設定するキースイッチです。ドロップダウンウンリストで選択したキーから順番に、Economy、Alternate、Down Only、Up Only になります。

・Tapping Mode
タッピングモード (総てのノートをハンマリングオンで演奏する) を ON / OFF するキースイッチを設定します。

・Powerchord Mode
鍵盤上に表示されているプレイ領域 (ノートを演奏する) を、シングルノートにするかパワーコドにするか切り替えるキースイッチを設定します。パワーコードは、サスティーン、ミュート、スタッカートの時に使うことができます。

・Slide Note
This sets the key for the ‘slide note’. If portamento is enabled, then pressing this note when any other note is being held will trigger a portamento slide downward.

※「ポルタメントが ON で、このノート (ここで設定したキースイッチ) が押された時、各ノートはダウンポルタメントを始める…」らしいのですが、実際にどのような挙動なのか、現在のところ確認できていません。

・RR Reset
ラウンドロビンの再生順を決める乱数表をリセットするキースイッチを設定します。これはダブルトラッキングの時に、各ギターで再生されるサンプルを確実にバラバラにするために使います。

◆ Mono Note Fade Time
モノフォニックモード (Perform ページ) が ON の時、Shreddage2X は同時にひとつ以上のノートを鳴らしません。ですから、ひとつのノートが鳴っている時に次のノートが演奏されると、鳴っていたノートは素早くフェイドアウトします。ここではこのフェイドアウトの速さを、ミリ秒単位で設定します。

◆ Hammer/Pull Fade Time
ハンマリングオン (プリングオフ) では、後続ノートが鳴るとその前のノートはフェイドアウトします。ここではこのフェイドアウトの速さを、ミリ秒単位で設定します。

◆ Hard Sustain Threshold
シングルノート・サスティーンがマッピングされているベロシティの範囲で、アグレッシブ・シングルノート・サスティーンに割り当てる割合を設定します。
例えばサスティーンが 1 ~ 100 にマッピングされていて、この設定が 50% であった場合、アグレッシブ・シングルノート・サスティーンは 51 ~ 100 の範囲でトリガーされます。

◆ Random Resonance Chance
random resonance (Engine ページ) が ON の時、実際に random resonance (他の弦の共振によるノイズ) が発生する可能性を設定します。

◆ Real Vib Speed
Kontakt の LFO を使わないナチュラルなビブラート (Fingered Light, Fingered Heavy, Whammy Bar) の揺れるスピードをコントロールします。ただし、この機能は Shreddage 2 Low CPU (V3_17).nki では使えません。

                  スポンサーリンク