January 01, 2016


317_ARTICULATIONS

◆ Kontakt ヘルプ ※各ページ共通
各コントロールの上にマウスカーソルを合わせると、Kontakt の info バー (一番下の!) に、ヘルプが表示されます。表示されない時は Kontakt の [info] ボタンを押します。

◆ Info Bar ※各ページ共通
インターフェイスの一番下 (!) に、その時の Shreddage2X の状態に合わせて、各種情報が表示されます。

◆ Legacy Mode
キーマッピングを以前のバージョンの様にします。パワーコードとシングルノートを同時に表示します。

◆ Keysw Latch
これを ON にすることで、現在選択されているキースイッチが継続して有効になります。他のキースイッチが押されると、現在のキースイッチは無効となり、新たに押されたキースイッチが入れ替わって継続します。
キースイッチを総て無効化したい時は、ユーザーが設定可能なキースイッチの領域 (C-1 ~ E0) で、キースイッチが何も設定されていない (赤くない) キーを押します。

Keysw Latch を OFF にした場合、必要なキースイッチはノートが演奏される前に、毎回押すことになります。

◆ Articulation Buttons
各アーティキュレーションを、アーティキュレーション名の隣にあるボタンで ON / OFF します。各アーティキュレーションの優先順位は、このページに書かれている順番です。

つまり、ベロシティ 1 ~ 127 にサスティーンとミュートをマッピングした場合、ミュートはトリガーされず総てサスティーンになります。ですから、混乱を避けるためにも各アーティキュレーションのマッピングは、重複しないことが推奨されます。

◆ FX Articulation (アーティキュレーションリストの一番下)
これをトリガーすると、プレイキーの範囲 (サスティーンやパワーコード) で演奏されるサンプルが、特殊なエフェクト音 (ネックスライドやピックノイズなど) に入れ替わります。

これらは、以前のバージョンでは ShreddageII FX.nki に入っていたものです。

◆ VEL/KEY/CC  (ドロップダウンリスト)
各アーティキュレーションのマッピングモードを切り替えます。マッピングモードには VEL (Velocity),KEY (Keyswitch),CC (MIDI CC) があり、これを選択すると、右に表示される設定項目が変化します。

・Min Vel / Max Vel
アーティキュレーションがトリガーされるベロシティの範囲を設定します。

・Keysw
アーティキュレーションがトリガーされるキースイッチを設定します。

・MIDI CC / CC Min / CC Max
アーティキュレーションがトリガーされる MIDI CC と、その範囲を設定します。

例えばライブ演奏で、サスティーンとミュートをモジュレーションホイールで切り替えたい場合、両方のトリガーを MIDI CC1 に設定し、範囲を分けることで可能となります。

◆ Power Chords (サスティーン、ミュート、スタッカートの右にあるボタン)
キー配列の Legacy Mode では、パワーコードとシングルノートを同時に配列しますが、それだと視認性が悪くなります。現在のデフォルト設定では、パワーコードとシングルノートを同じ鍵盤上に配置し、切り替えて使うようになっています。

Power Chords ボタンを ON にすると、その左にキースイッチの設定項目が表示され、パワーコードとシングルノートを切り替える、キースイッチを設定出来るようになります。

◆ Release Time (サスティーンの右端)
サスティーンのノートがリリースされた後、音が減衰して消えるまでのリリースタイムを設定します。

◆ Tighten (ミュートの右端)
ミュートの切れ味を調整します。絞りすぎると音が出にくくなります。

◆ Tremolo Speed (トレモロの右端)
トレモロの速さを調節します。

◆ Pinch Speed (ピッキングハーモニクスの右端)
ピッキングハーモニクスに付加されているビブラートの早さを調節します。

◆ Hammer/Pull Max Range (ハンマリングオン / プリングオフの右端)
ハンマリングオンとプリングオフをトリガーする音程差の最大値を、半音単位で設定します。例えばこの値を 2 に設定した場合、音程差が2半音以内のノートを少し重ねると、その2音はハンマリングオン (またはプリングオフ) しますが、それ以上音程が離れていたら、たとえ2音が重なっていても、ハンマリングオン (またはプリングオフ) はトリガーしません。

◆ Hammer/Pull Min/Max Thr (ハンマリングオン / プリングオフの右端)
ハンマリングオンとプリングオフをトリガーするノートの重なり時間を、ミリ秒単位で設定します。Min は指定時間以上重なっている時だけトリガーし、Max は重なりが指定時間以下の時だけトリガーします。つまり Min 以上 Max 以下の時だけトリガーするということになります。

◆ Trans Vol (ポルタメントの右端)
スライドしている最中の音量を設定します。

◆ Sus Vol (ポルタメントの右端)
スライドが終わった後のボリュームを設定します。

例えば C3 → G3 のスライドを指定した場合、Shreddage2X は C3 を G3 までグライドした後、G3とクロスフェードさせます。このボリュームはクロスフェードした後の G3 のボリュームです。

◆ Speed (ポルタメントの右端)
スライドの速さを設定します。このノブを一杯まで絞ると、速度はベロシティの値によって変化するようになります。

◆ Vibrato Mode
ビブラートのタイプを切り替えます。 F.Light は弱い左手ビブラート。F.Heavy は強い左手ビブラート。Whammy はアームを使ったビブラート。Smooth は Kontakt の LFO で揺らすビブラートです。

◆ Vibrato Trigger
ビブラートのトリガーを MIDI CC またはアフタータッチから選択します。デフォルト設定では MIDI CC1 (モジュレーションホイール) にアサインされていて、ビブラートの深さは PERFORM ページの Vibrato ノブと連動しています。
アフタータッチとは、キーボードの鍵盤を押した後、さらに強く押し込む事で発生する MIDI メッセージです。押し込む強さによって 0 ~ 127 の値が送信されます。MIDI CC 同様、この強さ (深さ) も PERFORM ページの Vibrato ノブと連動しています。

◆ Smooth Vib Speed
Smooth ビブラートの揺れる速さを周波数(Hz)で設定します。

◆ Smooth Vib Depth
Smooth ビブラートの揺れる大きさを設定します。

                  スポンサーリンク


コメントする

名前
URL
 
  絵文字